研究メンバー

廣川 純也 Junya HIROKAWA

廣川 純也
所属・職名研究開発推進機構 特定任用研究員(准教授)
研究テーマ意思決定のメカニズム、光遺伝学、神経生理学、行動神経科学
研究者DBhttps://kendb.doshisha.ac.jp/profile/ja.52ef24c84da30163.html
researchmaphttps://researchmap.jp/ratcortex/?lang=japanese
researchmap130

宇宙生体医工学研究プロジェクトにおける研究内容

脳はどのようにして不確実な状況に適応するか?
前頭前野は自分の行った行動の結果や他の手かがりを統合することでより正確に行動の結果を予測し、より適切な行動を可能にする役割を果たしています。無重力下の宇宙空間においては地球上と異なる行動結果が得られるため我々の学習システムは大きな再編を余儀なくされますが、どのような神経回路機構がそれを担っているのかわかっていません。我々はラットをモデル動物として用い、動物が行動課題を行っている際の脳活動を神経回路レベルで解析し、脳が情報を更新する神経回路機構を解明することを目的としています。これまでの研究で、様々な情報の統合を必要とする行動課題をおこなっている最中のラットの前頭前野の神経細胞の活動を解析し、意思決定に関する個々の要因(過去の行動結果、 報酬量や自信、総合価値など)を符号すること、そしてその神経回路素子との対応を明らかにしました。このような研究を通して神経回路素子と認知機能の対応関係、および予測更新の原則を明らかにすることで、不確実な状況における行動学習の変化を神経回路レベルで解明するとともに、 状況に状況に適応できない脳の認知トレーニング法の開発やリハビリテーション方策を提案します。