研究活動

研究活動

今後、研究活動についてのご紹介を予定しています。

各年度の進捗状況

研究成果

2019年度
■論文
(1)生理学:マッスルフィジオロジー・リサーチグループ
  • Ohno, Y., T. Egawa, S. Yokoyama, H. Fujiya, T. Sugiura, Y. Ohira, T. Yoshioka, and K. Goto. MENS-associated increase of muscular protein content via modulation of caveolin-3 and TRIM72. Physiol. Res. 68: 265-273, 2019.
  • Kami, K.*, T. Ohira*, Y. Oishi*, T. Nakajima, K. Goto, and Y. Ohira. Role of 72-kDa heat shock protein in heat-stimulated regeneration of injured muscle in rat. J. Histochem. Cytochem. 67: 791-799, 2019. *:Equally contributed authors.
  • Suzuki, Y., Y. Inoue, M. Yokota, and T. Goto. Effects of oxide ions on the electrodeposition process of silicon in molten fluorides. J. Electrochem. Soc., 166 (13): D564-D568, 2019.
  • Suzuki, Y., Y. Fukunaka, and T. Goto. Interfacial phenomena associated with Li electrodeposition on liquid Ga substrates in propylene carbonate. Electrochem. Commun. 100: 20-25, 2019.
  • Oji, S., K. Yoshida, H. Zen, K. Hachiya, T. Goto, T. Sagawa, and H. Ohgaki. Two-photon selective excitation of phonon-mode in diamond using mid-infrared free-electron laser. Physics Letters A, 384: 126223, 2020.
  • Kadoya, Y., K. Fukui, M. Hata, R. Miyano, Y. Hitomi, S. Yanagisawa, M. Kubo, and M. Kodera. Oxidative DNA cleavage, formation of μ-1,1-hydroperoxo species, and cytotoxicity of dicopper (II) complex supported by a p-cresol-derived amide-tether ligand. Inorg. Chem. 58 (21): 14294-14298, 2019.
  • Kodera, M., Y. Kadoya, K. Aso, K. Fukui, A. Nomura, Y. Hitomi, and H. Kitagishi. Acceleration of hydrolytic DNA cleavage by dicopper (II) complexes with p-cresol-derived dinucleating ligands at slightly acidic pH and the mechanistic insights. Bull. Chem. Soc. Jpn., Selected Paper. 92 (4): 739-747, 2019.

(2)生化学:メタボリックネットワーク・リサーチグループ
  • Niki T, Endo J, Takahashi-Niki K, Yasuda T, Okamoto A, Saito Y, Ariga H, Iguchi-Ariga S. M.M.DJ-1-binding compound B enhances Nrf2 activity through the PI3-kinase-Akt pathway by DJ-1-dependent inactivation of PTEN. Brain Research, 1729, 146641, 2020.
  • Kikuchi N, Satoh K, Satoh T, Yaoita N, Mohammad Abdul Hai Siddique, Omura J, Kurosawa R, Nogi M, Sunamura S, Miyata S, Misu H, Saito Y, Shimokawa H. Diagnostic and Prognostic Significance of Serum Levels of Selenoprotein P in Patients with Pulmonary Hypertension. Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, 39, 2553-2562, 2019.
  • Kobayashi M, Muramatsu K, Haruyama T, Uesugi H, Kikuchi A, Konno H, Noguchi N, Saito Y. Polymerization of oxidized DJ-1 via noncovalent and covalent binding: Significance of disulfide bond formation. ACS Omega, 4, 9603-14, 2019.
  • Hieda M, Takakura H and Komine H: Effect of Short-Term Aerobic Exercise Training on Adropin Levels in Obese Rats. J Exer Physiol 22(7): 64-71, 2019.
(総説論文)
  • Tsutsumi R. and Saito Y. Selenoprotein P; P for Plasma, Prognosis, Prophylaxis, and More. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 43, 366-374, 2020.
  • 斎藤芳郎.ビタミン E 類の多様な抗酸化作用:アイソフォームによる細胞保護メカニズムの違い.ビタミン,94,59-70,2020.
  • Saito Y. Selenoprotein P as an in vivo redox regulator: disorders related to its deficiency and excess. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 66, 1-7, 2020.
  • 斎藤芳郎.セレノプロテイン P の機能と疾患̶̶疾患バイオマーカーとしての可能性.生化学,第91巻、5号、686-691,2019.
  • Saito Y. Selenoprotein P as a significant regulator of pancreatic b cell function. Jounal of Biochemistry, 167, 119-124, 2020.
  • Yamada T, Takakura H and Masuda K: Mitochondrial Nature Adjusted to Host Cellular Demand and Environment. Adv Exer Sport Physiol 25(1): 9-14, 2019.
  • Takakura H, Yamada T, and Masuda K: Involvement of Myoglobin in Intracellular Oxygen Transport and Oxidative Metabolism. Adv Exer Sport Physiol 25(1): 1-8, 2019.

(3)神経科学:ブレインファンクション・リサーチグループ
  • Hirokawa, J., Vaughan, A., Masset, P., Ott, T. and Kepecs, A. (2019) Frontal cortex neuron types categorically encode single decision variables. Nature, 576, 446-451.
  • Takamiya, S., Yuki, S., Hirokawa, J., Manabe, H. and Sakurai Y. (2019) Dynamics of memory engrams. Neuroscience Research, In press.
  • Song, K., Takahashi, S. and Sakurai, Y. (2019) Reinforcement schedules differentially affect learning in neuronal operant conditioning in rats. Neuroscience Research, In press.
  • Yuki, S., Sakurai, Y. and Okanoya, K. (2019) The utility of internal cognitive states as discriminative cues affecting behavioral adaptation in humans and animals. Animal Behavior and Cognition, 6(4), 262-272.
  • Nakazono, T., Takahashi, S. and Sakurai, Y. (2019) Enhanced theta and high-gamma coupling during late stage of rule switching task in rat hippocampus. Neuroscience, 412, 216-232.
  • Murata, K., Kinoshita, T., Fukazawa, Y., Kobayashi, K., Kobayashi, K., Miyamichi, K., Okuno, H., Bito, H., Sakurai, Y., Yamaguchi, M., Mori, K and Manabe, H. (2019) GABAergic neurons in the olfactory cortex projecting to the lateral hypothalamus in mice. Scientific Reports, 9(article7132), 1-14.
  • Fujiyama, F., Unzai, T. and Karube, F. (2019) Thalamostriatal projections and striosome-matrix compartments. Neurochemistry International, 125, 67-73.
  • Karube, F., Takahashi, S., Kobayashi, K. and Fujiyama, F. (2019) Motor cortex can directly drive the globus pallidus neurons in a projection neuron type-dependent manner in the rat. eLife, 8, e49511
(査読付講演会議事録)
  • Ohnuki, T., Osako, Y., Shiotani, K., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2019) Single-neuron and population codings in a higher-order cortical area. The Proceedings of the 29th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society, pp.89-90.

(4)生体医工学:バイオメカニカルエンジニアリング・リサーチグループ
  • 北野敬祐,伊藤彰人,辻内伸好「慣性センサを用いた前腕および手指運動計測システムの開発」 [設計工学, Vol.54, No.4 [DOI:10.14953/jjsde.2018.2815], (2019年4月) 231~244頁]
  • H.Oshima, S.Aoi, T.Funato, N.Tsujiuchi and K.Tsuchiya “Variant and Invariant Spatiotemporal Structures in Kinematic Coordination to Regulate Speed During Walking and Running” Frontiers in Computational Neuroscience, Vol.13 [DOI:10.3389/fncom.2019.00063], (2019.9), pp.1~11
  • Thomas Stoggl, Olli Ohtonen, Masaki Takeda, Naoto Miyamoto, Cory Snyder, Teemu Lemmettyla, Vesa Linnamo, Stefan Josef Lindinger. Comparison of Exclusive Double Poling to Classic Techniques of Cross-country Skiing. Med. Sci. Sports Exerc.: 51(4): 760–772, 2019. doi: 10.1249/MSS.0000000000001840"
  • Minas Nalbandian, Zsolt Radak and Masaki Takeda. N-acetyl-L-cysteine Prevents Lactate-Mediated PGC1-alpha Expression in C2C12 Myotubes. Biology 2019, 8, 44; 1-8, i:10.3390/biology8020044"
  • Ferenc Torma, Zoltan Gombos, MarcellFridvalszki, Gergely Langmar, ZsofiaTarcza, Bela Merkely, Hisashi Naito, Noriko Ichinoseki-Sekine, Masaki Takeda, Zsolt Murlasits, Peter Osvath, Zsolt Radak. Blood flow restriction in human skeletal muscle during rest periods after high-load resistance training down-regulates miR 206 and induces Pax7. Journal of Sport and Health Science, 00: 1-8, 2019. DOI: 10.1016/j.jshs.2019.08.004
  • Masaki Takeda, Naoto Miyamoto, Takaaki Endo, Olli Ohtonen, Stefan Lindinger, Vesa Linnamo, and Thomas Stöggl. Cross-Country Skiing Analysis and Ski Technique Detection by High-Precision Kinematic Global Navigation Satellite System. Sensors 2019, 19(22), 4947; https://doi.org/10.3390/s19224947
  • 福田峻也,植田篤史,中村康雄,上林清孝,若原卓.レイアップショットにおける踏切脚による跳躍高の差‐下肢3関節のキネティクス・キネマティクスからの検討‐,バイオメカニクス研究,23(4),pp.160-168,2019
(査読付講演会議事録)
  • L.Lamassoure, K.Kitano, K.Araki, A.Ito, K.Kamibayashi, Y.Ohira and N.Tsujiuchi, “Study of Human Gait Characteristics under Different Low-Gravity Conditions” The 40th Annual Meeting of International Society for Gravitational Physiology (ISGP), (2019.5)
  • K.Kitano, A.Ito and N.Tsujiuchi, “Hand Motion Measurement using Inertial Sensor System and Accurate Improvement by Extended Kalman Filter” 41th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (26606-25122002.pdf), (2019.7), pp.6405~6408


■著書
(4)生体医工学:バイオメカニカルエンジニアリング・リサーチグループ
  • Petersen, L.G., K. Kamibayashi, Y. Ohira, and A.R. Hargens. Reduced gravity by lower body positive pressure. In: Encyclopedia of Bioastronautics, Springer Nature Switzerland AG 2020, Ed. by L.R. Young and J.P. Sutton, https://doi.org/10.1007/978-3-319-10152-1_139-1.

■学会発表・講演
(1)生理学:マッスルフィジオロジー・リサーチグループ
  • Ohira, Y. Neuromuscular responses to gravitational load levels. Doshisha Week, Tubingen University, Germany, November 25, 2019. (招待講演)
  • 大平充宣。同志社宇宙DREAMプロジェクト。第65回日本宇宙航空環境医学会大会。特別セッションSS-1、2019年11月30日、松本大学、2019。(招待講演)
  • 後藤琢也。長期有人宇宙探査のためのその場資源利用研究。第65回日本宇宙航空環境医学会大会、特別セッションSS-2、松本、2019年11月30日。(招待講演)
  • 高橋明久、神戸崚輔、鈴木健之、鶴岡千鶴、森岡孝満、武島嗣英、吉田由香里、中村麻子、泰恵、永松愛子、大平充宣、稲富裕光、柿沼志津子。宇宙放射線と重力環境変化による複合影響研究。第34回宇宙環境利用シンポジウム。2020年1月21日、宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所、2020。(招待講演)
  • 後藤琢也、鈴木祐太、福中康博。月面での ISRU に向けた技術開発。第 34 回 宇宙環境利用シンポジウム、相模原、2020 年1月21日。(招待講演)
  • 後藤琢也、大平充宣。宇宙居住用生命維持技術開発。第34回宇宙環境利用シンポジウム。2020年1月22日、宇宙航空研究開発機構 JAXA宇宙科学研究所、2020。(招待講演)
  • Hitomi, Y. Selective oxidation catalyzed by bioinspired metal complex。第15回応用生物無機化学国際シンポジウム、奈良、2019年6月。(招待講演)
  • 人見穣。C-H酸化酵素の働きを理解した触媒設計 〜今、どこまで設計できるのか?〜,産学連携テックミーティング「先端シーズフォーラム “メタン”を“メタノール”に変換 常温常圧の次世代技術」。大阪、2019年8月22日。(招待講演)
  • Okamura, M. and Y. Hitomi. Quinoline-based ratiometric fluorescent probes for zinc ions. 第15回応用生物無機化学国際シンポジウム,奈良,2019年6月. (招待講演)
  • Wamura, S. and Y. Hitomi. Synthesis and reactivity of ruthenium-oxo complexes supported by carboxylamido ligands. 第15回応用生物無機化学国際シンポジウム,奈良,2019年6月. (招待講演)
  • Adachi, H. and Y. Hitomi. Selective oxidation catalyzed by carboxylamidoiron (III) complex with restricted reaction space. 第15回応用生物無機化学国際シンポジウム,奈良,2019年6月. (招待講演)
  • Ueda, J. and Y. Hitomi. Selective C-H oxidation catalyzed by bioinspired carboxylamidoiron (III) complexes. 第15回応用生物無機化学国際シンポジウム,奈良,2019年6月. (招待講演)
  • 菅井優希、上野夏奈子、加藤俊介、野村章子、小寺政人、小野田晃、林高史、人見穣。蛋白質と金属錯体との複合化による酸化触媒の開発。第13回バイオ関連化学シンポジウム、宮城、2019年9月。(招待講演)
  • 人見穣。金属オキソ種を活性種とする選択酸化触媒の作り方,触媒学会 第 47 回オルガノメタリックセミナー ―精密設計有機金属化学:新錯体から新触媒反応まで―。名古屋。2019年10月1日。(招待講演)
  • Hitomi, Y. Development of artificial nonheme iron-dependent peroxidase through covalent conjugation of tetradentate ligand with protein. 第4回精密制御反応場国際シンポジウム,奈良,2019年12月. (招待講演)
  • Amanai, K. and Y. Hitomi. Alkene epoxidation with electrochemically generated percarbonate catalyzed by manganese complex. 第4回精密制御反応場国際 シンポジウム,奈良,2019年12月. (招待講演)
  • Suzuki, Y., Y. Fukunaka, and T. Goto. Electrodeposition of Li at Liquid Electrolyte/Liquid Metal Cathode. 2nd Nucleation and Growth Research Conference, Kyoto, June 25, 2019, Poster session “NGRC Best Poster Award”.
  • Goto, T., Y. Suzuki, Y. Fukunaka, and T Ishikawa. Oxygen and silicon extraction from lunar regolith simulant. 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, Doshisha Session, Nagoya, May 27, 2019.
  • Sakurai, M., A. Shima, K. Iwasaki, Y. Sometani, T. Goto, Y. Fukunaka, and M. Kanakubo. Preliminary study of CO2 electrolysis in ionic liquid. 49th International Conference on Environmental Systems ICES-2019-141, July 7-11, 2019, Boston, Massachusetts, oral session.
  • 鈴木祐太、後藤琢也。In-situ測定によるSiイオンの配位構造の解明とSi電析。第83回マテリアルズテーラリング研究会、長野、2019年 7月、口頭発表「優秀賞」。
  • 鈴木祐太、横田将之、後藤琢也。異なる粒径のSiO2粉末を用いたSi膜の形成と形態制御。同志社大学エネルギー変換研究センター 2018年度研究成果報告会、京都、2019年7月、口頭発表。
  • 山崎樂、長坂琢也、八木重郎、後藤琢也、田中照也、渡邉崇、相良明男。フッ化水素を含む溶融FLiNaK塩中における構造材料の腐食機構の電気化学測定による解明。日本原子力学会2019年秋の大会、富山、2019年9月12日。
  • 後藤琢也,鈴木祐太,福中康博。ISRU に向けた溶融塩電解基礎研究。日本マイクログラビティ応用学会 第31回学術講演会 (JASMAC-31)、宮城、2019年10月24日、口頭発表。
  • 澤田遥平、鈴木祐太、後藤琢也。溶融CaCl2浴中におけるカーバイドイオンの電気化学挙動の解明。第51回溶融塩化学討論会、北海道、2019年10月、口頭発表。
  • 松尾由布, 鈴木祐太, 蜂谷寛, 後藤琢也。溶融塩化物中でのSiO2の電解還元によるβ-MoSi2の形成。第51回溶融塩化学討論会、北海道、2019年10月、口頭発表。
  • 岡田可愛, 鈴木祐太, 後藤琢也。溶融フッ化物浴中における Al2O3上へのTi 生成。第51回溶融塩化学討論会、北海道、2019年10月、口頭発表。
  • 井形優孝、木村竣一、後藤琢也、廣田健。La1-xSrxFeO3-δをベースにした非消耗性酸素発生陽極の作製。第51回溶融塩化学討論会、北海道、2019年10月、口頭発表。
  • 後藤琢也。月レゴレスシミュラントからの金属回収。第63回宇宙科学連合講演会、徳島、2019年11月7日、口頭発表。
  • 山崎樂、鈴木祐太、後藤琢也、長坂琢也、渡邉崇。溶融LiF-NaF-KF 中での電気化学手法による核融合炉構造材料JLF-1鋼の腐食評価。第42回フッ素化学討論会、神戸、2019年11月、口頭発表。
  • 中出邦亮、鈴木祐太、後藤琢也。溶融NaCl-CaCl2中におけるステンレス鋼の腐食挙動。電気化学会第87回大会、2020年3月17日。
  • 菅井優希、上野夏奈子、加藤俊介、野村章子、小寺政人、小野田晃、林高史、人見穣。タンパク質の反応空間を有する金属錯体酸化触媒の開発。第52回酸化反応討論会、奈良、2019年11月。
  • 安野里穂、上田純平、小寺政人、人見穣。ニッケル錯体を触媒とするm-CPBAによるアルカン酸化反応。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月23日。
  • 大橋麻未、上田純平、野村章子、小寺政人、人見穣。キノリン骨格を有する新規レシオ型亜鉛蛍光プローブの開発。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月23日。
  • 福井悠介、上田純平、小寺政人、人見穣。活性酸素種を検出する新規蛍光プローブの開発。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月23日。
  • 天内啓介、北山健司、小寺政人、人見穣。炭酸イオンの電解酸化を利用するエポキシ化反応。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月24日。
  • 中原寛樹、足立弘樹、小寺政人、人見穣。剛直な構造を有する錯体を触媒とするアルカン酸化反応。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月24日。
  • 福澤哲生、足立弘樹、小寺政人、人見穣。イプチセン構造を有する錯体触媒の開発。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月24日。
  • 長尾鳳児郎、和村聡士、小寺政人、人見穣。カルボキサミドアニオン窒素配位を有する2-アミノフェノラート鉄錯体の反応性。日本化学会 第99春季年会 (2020)、千葉、2020年3月24日。

(2)生化学:メタボリックネットワーク・リサーチグループ
  • Ohira, Y., Y. Ozaki, H. Kato, and T. Izawa. Effects of inhibition of reactive oxygen species on the properties of rat soleus muscle during hindlimb suspension. Doshisha Session in the 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, May 27, 2019, Nagoya University, Japan, 2019.(招待講演)
  • Maeda, Y., H. Kato, A. Sugiyama, S. Osawa, T. Izawa, and Y. Ohira. Effects of denervation-related inhibition of antigravity activity during growing period on the properties of hindlimb bones in rats. Doshisha Session in the 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, May 27, 2019, Nagoya University, Japan, 2019. (招待講演)
  • Osawa, S., H. Kato, Y. Maeda, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Effect of 9-week exercise training regimen on expression of developmental genes in adipose-derived stem cells of rats. Doshisha Session in the 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, May 27, 2019, Nagoya University, Japan, 2019. (招待講演)
  • 加藤久詞、前田優希、大澤晴太、大平充宣、井澤鉄也。脂肪由来間葉系細胞の脂肪細胞への分化能に及ぼす微小重力および運動の影響。第65回日本宇宙航空環境医学会大会。特別セッションSS-3、2019年11月30日、松本大学、2019。(招待講演)
  • Saito Y. Selenoprotein P and diabetes: Its excess and pancreatic toxicity. 13th International Society for Trace Element Research in Humans (ISTERH2019), Session 10. Trace Elements as Micronutrients in Human, Bali Indonesia, September 25, 2019. (Invited speaker)
  • Saito Y. Selenoprotein P as a significant redox regulator in vivo: Relevance to pancreatic b cell function. 1st STINT-JSPS Joint Symposium, Session “Redox Biology for Human Health,” Sendai Japan, September 12, 2019. (Invited speaker)
  • Saito Y. Selenoprotein and lipid oxidation- Disorders related to its deficiency and excess. Japan-Aston symposium on lipid oxidation in inflammation, Birmingham UK, August 23, 2019. (Invited speaker)
  • Takakura H, Ueno D, Kato H, Hieda M and Izawa T: EFFECT OF TWICE-A-DAY ENDURANCE TRAINING ON SKELETAL MUSCLE OXIDATIVE CAPACITY BASED ON ACUTE RESPONSES OF PGC-1α. The 24th Annual Congress of the European College of Sport Science, Prague, Czech Republic, July 3-6, 2019.
  • Hieda, M, Takakura H, Kato H, and Izawa T. Effect of number of exercise training sessions on eNOS expression. The 24th Annual Congress of the European College of Sport Science, Prague, Czech Republic, July 3-6, 2019.
  • Kato H, Osawa S, Imai K, Takakura H, Ohira Y and Izawa T. Effect of exercise training on neurogenesis of adipose-derived stem cells isolated from fat-depot in high-fat diet-fed rats. Cell Synposia: Exercise Metabolism Conference 2019, Stiges, Spain, May 5-7, 2019.
  • Takakura H., Watanabe Y, Kato H., Izawa T. Effects of short-term hypoxia exposure after acute exercise on the oxygen delivery and utilization capacity of skeletal muscle. Cell symposia: Exercise Metabolism Conference 2019, Sitges, Spain, May 5-7, 2019.
  • 井澤鉄也.脂肪組織の質と量を転換させる運動療法の分子基盤.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.(招待講演)
  • 斎藤芳郎.必須微量元素セレンの代謝と疾患-レドックス制御の破綻と酸化/還元ストレス.第20回 脳研×高度先進×COI合同セミナー、弘前、2019年11月8日(招待講演)
  • 斎藤芳郎.過剰セレノプロテインPを標的としたテーラーメイド2型糖尿病治療の開発-インスリン抵抗性およびインスリン分泌の改善.Scientific Exchange Meeting in 金沢,金沢,2019年10月25日(招待講演)
  • 斎藤芳郎.生体内におけるセレン代謝とエネルギー産生.第92回日本生化学会大会・生体エネルギーと電子共役の複雑性制御,横浜,2019年9月19日(招待講演)
  • 斎藤芳郎.血漿セレン含有タンパク質セレノプロテインPによるレドックス制御と膵β細胞の機能.第72回 日本酸化ストレス学会 学術賞受賞講演,札幌,2019年6月28日(招待講演)
  • 斎藤芳郎.血漿セレン含有タンパク質セレノプロテインPのセレン運搬メカニズムと疾患.第36回 日本微量栄養素学会 特別講演,大阪,2019年6月22日(招待講演)
  • 斎藤芳郎.ビタミンE類の多様な抗酸化作用–必須微量元素セレンとの関わり.第362回 脂溶性ビタミン総合研究委員会 紹介講演,鳥取,2019年6月6日(招待講演)
  • 高倉久志,野村友哉,石井好二郎: コグニサイズとクロレラ摂取の併用が高齢者の認知機能に及ぼす影響について.シンポジウム7「運動トレーニングの新たなる可能性」第26回日本未病システム学会学術総会(令和1年11月16〜17日 今池ガスビル)
  • 杉山 愛,加藤久詞,高倉久志,井澤鉄也.脳神経栄養因子(BDNF)の発現に及ぼす高脂肪食摂取(HFD)・運動トレーニング(TR)・メラトニン投与の影響.第27回日本運動生理学会大会.広島大学(広島).2019年7月28-29日.
  • 只野愛美,加藤久詞,大澤晴太,前田優希,高倉久志,井澤鉄也.褐色脂肪組織のホメオボックスファミリー遺伝子と骨形成タンパク質(BMP)に及ぼす運動トレーニングの影響.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 前田優希,加藤久詞,大澤晴太,只野愛美,高倉久志,井澤鉄也.脂肪由来間葉系幹細胞の脂肪細胞への分化能に及ぼす運動トレーニングおよび微小重力の影響.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 大澤晴太,加藤久詞,前田優希,只野愛美,高倉久志,井澤鉄也.脂肪由来間葉系幹細胞の脂肪細胞への分化に及ぼすアミノ酸の影響は高脂肪食摂取と運動トレーニングで異なるか?第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 加藤久詞,大澤晴大,只野愛美,前田優希,高倉久志,井澤鉄也.運動トレーニングに伴う体重・体脂肪量調節に及ぼすメラトニンの影響.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 高倉久志,渡邉大和,須藤みず紀,安藤創一,加藤久詞,大澤晴太,井澤鉄也.一過性運動後の短時間低酸素暴露が骨格筋有酸素性代謝能力に及ぼす影響について.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 稗田睦子,高倉久志,加藤久詞,井澤鉄也.トレーニングの回数はeNOS発現に影響するか? 第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.
  • 櫻井拓也,白土 健,加藤久詞,石橋義永,井澤鉄也,大石修司,芳賀脩光,大野秀樹,木崎節子.ベージュ脂肪細胞の分化に伴う遺伝子発現変化の網羅的解析.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日
  • 野村友哉,高倉久志,青木拓巳,伊藤祐希,佐藤健,大石寛,山口寛基,石井好二郎: コグニサイズとクロレラ摂取による認知症予防効果の検討.第74回日本体力医学会大会.つくば国際会議場(茨城).2019年9月19-21日.

(3)神経科学:ブレインファンクション・リサーチグループ
  • 櫻井芳雄・宋基燦(2019) ラットの身体運動と脳神経活動それぞれを増強する条件づけ訓練. 第65回日本宇宙航空環境医学会大会,松本大学(長野県・松本市),2019年11月30日.
  • 櫻井芳雄(2019) 心を知るために神経細胞の活動を記録する-文魂理才の脳研究.滋賀大学データサイエンス学部文理融合探求ワークショップ/データサイエンスセミナー,彦根.(2019年11月15日)
  • 櫻井芳雄(2019) セル・アセンブリの実験的検出-なぜ、どのようにして.玉川大学先端セミナー,町田.(2019年10月28日).
  • Osako, Y., Ohnuki, T., Manabe, H., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2019) Distinct roles of primary, secondary visual cortex and posterior parietal cortex in visually-guided decision-making. 49th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago (米国) 2019年10月22日.
  • Takamiya, S., Yuki, S., Hirokawa, J. and Sakurai, Y. (2019) The interaction between hippocampus and temporal cortex during memory consolidation and reconsolidation. 49th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago (米国) 2019年10月20日.
  • Ohnuki, T., Osako, Y., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2019) Dynamic encoding of choice-target information in the perirhinal cortex. 49th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago (米国) 2019年10月19日.
  • Shiotani, K., Tanisumi, Y., Murata, K., Hirokawa, J., Mori, K., Sakurai, Y. and Manabe, H. (2019) Behavioral-selective activity of ventral tenia tecta neurons. 49th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago (米国) 2019年10月19日.
  • Tanisumi, Y., Shiotani, K., Miura, K., Hirokawa, J., Sakurai, Y., Mori, K. and Manabe, H. (2019) Association of Cue Odor Signals with Predicted Behavioral Scene Signals, in Piriform Cortex Neurons. 49th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago (米国) 2019年10月19日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2019) 脳半球が2つあればどのようなことができるか―記憶・精神・認知柔軟性・社会性から心の理論を考える―. 共創言語進化学若手の会第2回全体研究会,JAIST金沢駅前オフィス(石川県・金沢市),2019年10月5日.
  • Sakaguchi, Y. and Sakurai, Y. (2019) Functional left/right hippocamal asymmetry and sprit-brain in forming short/long-term memory. The 10th International Brain Research Organization World Congress of Neuroscience, Daegu Convention & Exhibition Center, Daegu (韓国), 2019年9月23日.
  • 塩谷和基・谷隅勇太・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2019)内側前頭前野の神経細胞の風味応答.日本味と匂学会第53回大会(高知県・高知市),2019年9月18日.
  • 大貫朋哉・大迫優真・塩谷和基・櫻井芳雄・廣川純也(2019)Single-neuron and population codings in a higher-order cortical area. 第29回日本神経回路学会全国大会(東京都・目黒区),2019年9月5日.
  • 塩谷和基・谷隅勇太・村田航志・廣川純也・森憲作・櫻井芳雄・眞部寛之(2019)Scene cells with behavioral time information in olfactory cortex. 第29回日本神経回路学会全国大会(東京都・目黒区),2019年9月4日.
  • Takamiya, S., Yuki, S., Hirokawa, J., and Sakurai, Y. (2019) Dynamics of cell assemblies in hippocampus an auditory cortex during memory consolidation and recall. 第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月25日.
  • 谷隅勇太・塩谷和基・三浦佳二・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2019)ラット梨状皮質ニューロンは匂いと「匂い経験」を紐づける:Go/No-Go学習および逆転学習における多彩な応答様式と、そのポピュレーションGo/No-Go相関表現.第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月27日.
  • 塩谷和基・谷隅勇太・村田航志・廣川純也・森憲作・櫻井芳雄・眞部寛之(2019)腹側テニアテクターのシーンセル:環境や行動状況において特定の発火.第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月27日.
  • 大貫朋哉・大迫優真・櫻井芳雄・廣川純也(2019)嗅周皮質におけるターゲット情報のダイナミックなコーディング.第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月26日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2019)ラット海馬の機能的左右半球非対称性および半球間相互作用.第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月26日.
  • 大迫優真・大貫朋哉・櫻井芳雄・廣川純也(2019)Distinct contribution of rat visual cortical area in visually-guided decision-making. 第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月25日.
  • Sakurai, Y. (2019) Brain freedom from body: Enhancement of neuronal activity by brain-machine interface (BMI) in the rat. 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP). 名古屋大学野依記念ホール(愛知県・名古屋市),2019年5月27日.
  • 緒方久実子・苅部冬紀・平井康治・藤山文乃(2019)齧歯類の尾側線条体におけるドーパミン受容体D1及びD2発現ニューロンの特異的分布.第42回日本神経科学大会,朱鷺メッセ(新潟県・新潟市),2019年7月26日.

(4)生体医工学:バイオメカニカルエンジニアリング・リサーチグループ
  • 八切宗矩,松本賢太,於本裕之介,青井伸也(京都大学),大島裕子,辻内伸好,伊藤彰人,土屋和雄(京都大学)「その場歩行とその場走行の歩容遷移に関する実験的考察」[第63回システム制御情報学会研究発表講演会 (2019年5月)]
  • 安田和磨,伊藤彰人,辻内伸好,堀尾健児「ロボット教示システムのための慣性センサによる人の腕動作推定とロボットアームへの適用」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2019 (2019年8月)]
  • 仲道泰洋,辻内伸好,伊藤彰人,廣瀬圭(株式会社テック技販),園部元康(高知工科大学)「微小な並進加速度を伴う立位における慣性センサを用いた動作計測に関する研究」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2019 (2019年8月)]
  • 廣瀬圭(株式会社テック技販・同志社大学),近藤亜希子(株式会社テック技販),仲道泰洋,伊藤彰人,辻内伸好「ウェアラブルセンサシステムを用いた関節トルク推定における誤差解析に関する研究」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2019 (2019年8月)]
  • 仲道泰洋,廣瀬圭(同志社大学・株式会社テック技販),近藤亜希子(株式会社テック技販),辻内伸好,伊藤彰人「帯状慣性センサシステムを用いた座面形状の推定に関する研究」[日本機械学会2019年度年次大会 (2019年9月)]
  • 荒木啓輔,辻内伸好,伊藤彰人,大平充宣,上林清孝,吉見恭平「反重力トレッドミルを用いた荷重免荷による歩行運動の変化」[日本機械学会2019年度年次大会 (2019年9月)]
  • 北野敬祐,伊藤彰人,辻内伸好「拡張カルマンフィルタを用いた慣性センサによる手指運動計測」[LIFE2019 日本機械学会福祉工学シンポジウム2019 (2019年9月)]
  • 廣瀬圭(テック技販・同志社大学),近藤亜希子(テック技販),辻内伸好,伊藤彰人「ウェアラブルセンサを用いた負荷制御型トレッドミルの運動力学解析に関する研究」[LIFE2019 日本機械学会福祉工学シンポジウム2019 (2019年9月)]
  • 近藤亜希子(テック技販),廣瀬圭(テック技販・同志社大学),辻内伸好,伊藤彰人「ウェアラブルセンサを用いた負荷制御型トレッドミルの運動計測に関する研究」[LIFE2019 日本機械学会福祉工学シンポジウム2019 (2019年9月)]
  • 山内貴之(ヤンマー),辻内伸好,伊藤彰人,迫田空「筋骨格モデルによるイチゴ収穫作業での身体的負担の評価」[LIFE2019 日本機械学会福祉工学シンポジウム2019 (2019年9月)]
  • 仲道泰洋,辻内伸好,伊藤彰人,廣瀬圭(株式会社テック技販),園部元康(高知工科大学)「慣性センサシステムを用いた並進加速度を伴う立位バランス評価における姿勢推定に関する研究」[日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマン・ダイナミクス2019 (2019年10月)]
  • 大内陽,辻内伸好,伊藤彰人,廣瀬圭(テック技販)「シングルベルト・スプリットベルトの負荷制御型トレッドミルを用いた歩行への影響評価」[日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマン・ダイナミクス2019 (2019年10月)]
  • 廣瀬圭(株式会社テック技販・同志社大学),近藤(株式会社テック技販),辻内伸好,伊藤彰人「ウェアラブルセンサを用いた負荷制御型トレッドミルにおける運動解析に関する研究」[日本機械学会シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマン・ダイナミクス2019 (2019年10月)]
  • Y.Ouchi, N.Tsujiuchi and A.Ito “Evaluation of the Influence on Walking using Load-controlled Treadmill” [DOSHISHA WEEK2019 (2019.11)]
  • 伊藤彰人,辻内伸好,大内陽,廣瀬圭(テック技販・同志社大学)「負荷制御型トレッドミルによる歩行解析」[第65回日本宇宙航空環境医学会大会 (2019年11月)]
  • 植田慎也,伊藤彰人,辻内伸好,北野敬祐「慣性センサを用いた上体運動計測モデルの構築」日本機械学会第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (2019年12月)
  • 長田伊織,北野敬祐,伊藤彰人,辻内伸好「慣性センサによる手指モデルの構築」日本機械学会第16回「運動と振動の制御」シンポジウム (2019年12月)
  • 迫田空,辻内伸好,伊藤彰人,山内貴之(ヤンマー株式会社)「筋骨格モデルを用いたイチゴ栽培における最適栽培ベンチ高さの選定」日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会 (2019年12月)
  • Kamibayashi, K., A. Oshima, K. Araki, N. Tsujiuchi, and Y. Ohira. Modulation of leg muscle activity during treadmill walking by varying body weight unloading. Doshisha Session in the 40th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology, May 27, 2019, Nagoya University, Japan, 2019. (招待講演)
  • 上林清孝、大島惇史、荒木啓輔、辻内伸好、大平充宣。荷重関連の感覚入力による歩行の神経筋調節。第65回日本宇宙航空環境医学会大会。特別セッションSS-5、2019年11月30日、松本大学、2019。(招待講演)
  • Yoshida S., Hiwa S., Takeda M., Hiroyasu T. Motion artifacts removal method for fNIRS data to examine brain activity during dart throwing. 25th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. Rome, June, 2019.
  • Kazuma Fukumoto, Fumiaki Mano, Ryota Hirai, Mitsuki Kasahara, Masaki Takeda. The effect of dart training on cognitive functions of elderly people. 24th Annual Congress of the European College of Sport Science. 3-6th July, 2019. Prague, Chech Repblic.
  • 佐藤貴志,岡部格明,平岩穂乃香,宮本直人,竹田正樹,宿久洋.GPSデータを利用した大学ラグビー選手における試合中の走能力評価〜トップリーグ選手との比較を通して〜.日本計算機統計学会第33回大会,東北大学星陵キャンパス.2019年6月1~2日.
  • 宮本直人,竹田正樹,森本達郎,三浦隆治,畠山望,宮本明,Olli Ohtonen,Vesa Linnamo,Stefan Josef Lindinger,Thomas Stöggl. 高精度 GNSS を用いたクロスカントリースキークラシカルレースにおける ダブルポール滑走中の頭部動作計測.日本機械学会スポーツ工学シンポジウム発表論文集.A12.日本機械学会スポーツ工学シンポジウム,福岡工業大学.10月25-27日.
  • 竹田正樹,中村航記,吉田真士,服部駿平,今泉駿,宮本直人.野球の走塁におけるライン取りがタイムに及ぼす影響.日本機械学会スポーツ工学シンポジウム発表論文集.A12.日本機械学会スポーツ工学シンポジウム,福岡工業大学.10月25-27日.
  • 吉田早織,日和悟,竹田正樹,廣安知之.ダーツ投てき時の脳活動における体動除 去手法の検討.第22回日本光脳機能イメージング学会.東京,2019年7月.
  • Kamibayashi K, Narai Y, Oshima A. Cortical structures associated with multiple object tracking performance. Neuroscience 2019, Chicago, USA, 2019.10
  • Oshima A, Murai H, Tsujiuchi N, Kamibayashi K. Changes in the common synaptic drive to the ankle dorsiflexor muscle by adaptation during split-belt walking in humans. Neuroscience 2019, Chicago, USA, 2019.10
  • 大島惇史,村井大海,楢井雄己,若原卓,辻内伸好,上林清孝.「左右でベルト速度の異なるトレッドミル歩行に適応する際の筋-筋コヒーレンスの変化」,第74回日本体力医学会(つくば),2019.9
  • 上林清孝,楢井雄己,大島惇史.「3次元複数対象追跡課題の成績と皮質構造との関連」,第74回日本体力医学会(つくば),2019.9
  • Oshima A, Murai H, Tsujiuchi N, Kamibayashi K. Changes in the common synaptic drive to the ankle dorsiflexor muscle during split-belt walking in humans. 24th Annual Congress of European College of Sport Science, Prague, Czech Republic, 2019.7
  • 植田篤史,松村葵,新熊孝文,大木毅,中村康雄.非投球側の肩関節可動域を制限した投球動作の運動学的特徴,第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会(コングレコンベンションセンター,大阪),2019.8.30
  • 松村葵,植田篤史,中村康雄.体幹運動を伴う肩甲骨エクササイズの投球時の肩甲骨運動への影響,第16回肩の運動機能研究会(ホテル犀北館,長野),2019.10.26
  • 稲葉大友,松岡勇希,東海志保,中村康雄.大学生トライアスロン選手におけるランニングフォームの動作解析,第9回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会(日本スポーツ振興センター,東京),2020.2.2
2018年度
■論文
  • 西山智士,辻内伸好,伊藤彰人,足立渡(テック技販),纐纈俊昭(テック技販),禰占哲郎(ケアリング) 「装着型運動計測装置を用いた痙性不全麻痺歩行特性の定量評価」 [同志社大学ハリス理化学研究報告, 59巻 1号, pp.13-24 (2018)]
  • 松本賢太,辻内伸好,伊藤彰人,大島裕子,植田勝彦(住友ゴム工業),岡崎弘祐(住友ゴム工業) 「クラブ設計を目的とした特異値分解によるゴルフスイングの動作分析」[設計工学, Vol.53, No.6 [DOI:10.14953/jjsde.2017.2761], pp.447-462 (2018)]
  • K.Kitano, A.Ito and N.Tsujiuchi “Modeling of Hand and Forearm Link using Inertial Sensors”40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society, (2018) , pp.3934~3937
  • Yamada, M. and Sakurai, Y.(2018) “An observational learning task using Barnes maze in rats” Cognitive Neurodynamics, 1-5.
  • Osako, Y., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “Subjective decision threshold for accurate visual detection performance in rats.” Scientific Reports, 8(article9357), 1-10.
  • Sakurai, Y., Osako, Y., Tanisumi, Y., Ishihara, E., Hirokawa, J. and Manabe, H. (2018) “Multiple approaches to the investigation of cell assembly in memory research-present and future” Frontiers in Systems Neuroscience, 12(article21),1-11.
  • Kato, H.*, S. Masuda*, T. Ohira, L. Ohira, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Differential responses of adipose tissue gene and protein expressions to 4- and 8-week administration of β-guanidinopropionic acid in mice. Physiological Reports 6 (2): e13616, 2018. *: Equally contributed authors.
  • Kato, H., H. Minamizato, H. Ohno, Y. Ohira, and T. Izawa. Exercise ameliorates high-fat diet-induced impairment of differentiation of adipose-derived stem cells into neuron-like cells in rats. J. Cell. Physiol. 234 (2): 1452-1460, 2018.
  • Kato, H., T. Shibahara, N. Rahman, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Effect of a 9-week exercise training regimen on expression of developmental genes related to growth-dependent fat expansion in juvenile rats. Physiological Reports 6 (19): e13880, 2018.
  • Takahashi, A., S. Wakihata, L. Ma, T. Adachi, H. Hirose, Y. Yoshida, and Y. Ohira. Temporary loading prevents cancer progression and immune organ atrophy induced by hind-limb unloading in mice. Int’l. J. Molcul. Sci. 19(12): 3959; https://doi.org/10.3390/ijms19123959, 2018.
  • Ohira, Y., K. Saito, F. Kawano, K. Shiokawa, Tak Ohira, Y. Nakajima, Tomo Ohira, and N. Inoue. Endurance work capacity of children is related to cardiac function, but the trainability is associated with angiotensin-converting enzyme genotype. Sci. J. Sp. Med. Rehabil. Res. 1 (1): 2018100003, 2018.
  • Lamassoure, L., K. Araki, A. Ito, K. Kamibayashi, Y. Ohira, and N. Tsujiuchi. Estimation of gait characteristics during walking in lower gravity environment using a wearable device. Frontiers, in press.

■著書
  • 櫻井芳雄(2018) 第12章 医療と良心.同志社大学良心学研究センター(編) 良心学入門.岩波書店(東京),pp.123-131.
  • Sakurai, Y., Ohnuki, T., Shiroshita, R., Sakaguchi, Y., Shiotani, K., and Chi Jung Lee.(2018) “Multipotentiality of the brain to be revisited repeatedly.” The physics of the mind and brain disorders. Springer, pp.513-525.
  • 櫻井芳雄(2018)広辞苑 第7版, 岩波書店(東京)(38項目執筆).
  • 高橋昭久、吉田由香里、脇畑庄人、大平充宣。特集「地上生命の秘密を探る宇宙医学」、宇宙放射線と無重力の複合影響。月刊「細胞」 ニューロサイエンス社50 (12): pp. 640 (30) - 643 (33)、2018。

■査読付講演会議事録
  • K.Kitano, A.Ito, and N.Tsujiuchi, “Modeling of Hand and Forearm Link using Inertial Sensors”40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society, pp.3934-3937 (2018)]

■学会発表・講演
  • 伊藤彰人,辻内伸好,志野安樹,於本裕之介「腱駆動技巧ロボットハンドを用いた物体把持制御システムの構築」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 辻内伸好,伊藤彰人,久本佳樹「主成分分析を用いた筋電義手の指動作識別に対する特徴量の最適化」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 伊藤彰人,辻内伸好,堀尾健児,北野敬祐「慣性センサを用いたリアルタイム運動計測システムの構築とロボット教示システムへの適用」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 村井大海,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,村上健太(パナソニック),岡田征剛(パナソニック),井上剛(パナソニック),遠藤維(産業技術総合研究所),今村由芽子(産業技術総合研究所),小澤順(産業技術総合研究所)「ワイヤ型アシストスーツのトレッドミル歩行における力学的影響評価」[2018年度人工知能学会全国大会(第32回) (2018, 6)]
  • K.Araki, N.Tsujiuchi, A.Ito, Y.Ohira, and K.Kamibayashi “Analysis of Gait Characteristics with Various Levels of Weight Bearing Using Wearable Motion Measurement Device”[40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (2018, 7)]
  • 村井大海,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,村上健太(パナソニック),岡田征剛(パナソニック),井上剛(パナソニック),遠藤維(産業技術総合研究所),今村由芽子(産業技術総合研究所),小澤順(産業技術総合研究所)「ワイヤ型歩行アシストスーツが下肢関節トルクと歩容に与える影響」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2018 (2018, 8)]
  • 荒木啓輔,辻内伸好,伊藤彰人,大平充宣,上林清孝「反重力トレッドミルを用いた微小重力環境下の歩行特性解析」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2018 (2018, 8)]
  • 北野敬祐,伊藤彰人,辻内伸好「慣性センサを用いた前腕および手指リンクのモデル化および補正法の提案」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 仲道泰洋,伊藤彰人,辻内伸好,廣瀬圭(テック技販),園部元康(高知工科大学)「重心フィードバック搭載型重心動揺計における動作計測・評価に関する研究」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 山本文弥,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,廣瀬圭(テック技販)「走行路面に目標負荷を掛けた負荷制御型トレッドミルを用いた歩容解析」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 仲道泰洋,近藤亜希子(テック技販),廣瀬圭(テック技販),園部元康(高知工科大学),辻内伸好「重心フィードバック搭載型重心動揺計による効果の力学的検討に関する研究」[日本機械学会2018年度年次大会 (2018, 9)]
  • 大貫朋哉・櫻井芳雄・廣川純也(2018) “Representation of goal-related spatial information across different behavioral contexts in rat perirhinal cortex. ” The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi, 一橋講堂(東京都・千代田区), 2018年2月21日.
  • 谷隅勇太・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2018), “ “All-Go” Behavioral State with Resetting Associative Neural Activity in Ventral Striatum during Reversal Learning” The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi, 一橋講堂(東京都・千代田区), 2018年2月21日.
  • 阪口幸駿 (2018) 「ラット脳における機能的左右半球差の意義解明とその応用」 第7回東北脳科学ウィンタースクール, 中山平温泉仙庄館(宮城県・大崎市), 2018年2月24, 25日.
  • 山田基樹・櫻井芳雄(2018)「バーンズ迷路を用いたラットの他個体観察学習課題」 日本行動科学学会, 八幡平マウンテンホテル(岩手県・八幡平市), 2018年3月9日.
  • Sakaguchi, Y., Sakurai, Y.,(2018) “Functional left/right hemispheric difference of dopamine D2 neurons in rat dorsolateral striatum.” The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 京都国際会館(京都府・京都市), 2018年7月5日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018) 「習慣形成時におけるラット背外側線条体D2細胞の機能的半球側性化」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月26日.
  • 村田航志・木下智貴・小林憲太・眞部寛之・深澤有吾・山口正洋(2018)「マウス嗅結節の光刺激が場所嗜好性試験に与える影響」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 塩谷和基・廣川純也・櫻井芳雄 ・眞部寛之(2018)「マウスを用いた風味評価行動課題の確立」第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 谷隅勇太・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2018) 「Go/No-go 逆転学習中に現れる "All-Go" 行動戦略 - 戦略シフトに伴う腹側線条体ニューロン活動パターンのリセット・更新 -」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 大貫朋哉・櫻井芳雄・廣川純也(2018) 「ラットの嗅周皮質による異なる行動的文脈での空間的ターゲットのコーディング」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 大迫優真・櫻井芳雄・廣川純也(2018) 「ラットの視覚検出課題における閾下意思決定」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • Yuki, S., Sakurai, Y., and Okanoya, K.(2018)“Metacognitive and non-metacognitive behavior adaptation in rats after degenerated task performance.” 第78回日本動物心理学会, 東広島芸術文化ホール くらら(広島県・東広島市), 2018年8月29日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018) 「ラット海馬の長期/短期記憶に関わる機能的左右半球非対称性」 日本心理学会第82回大会, 仙台国際センター ( 宮城県・仙台市 ), 2018年9月26日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018)「 記憶形式に依存したラット背側海馬の機能的左右半球非対称性」第27回海馬と高次脳機能学会, 東京医科大学新宿キャンパス (東京都・新宿区), 2018年9月29日.
  • Sakaguchi, Y. and Sakurai, Y. (2018) “Functional left/right asymmetry of rat hippocampus depending on short/long-term memory.”48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月5日.
  • Ohnuki, T., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “A dynamic neural mechanism for encoding spatial targets and behavioral contexts in rat perirhinal cortex.”48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Tanisumi, Y., Sakurai, Y., Hirokawa, J. and Manabe, H. (2018) “All-go behavioral state with resetting cue-outcome associations in ventral striatum during reversal learning.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Shiotani, K., Murata, K., Hirokawa, J., Mori, K., Sakurai, Y. and Manabe, H. (2018) “Behavioral state-specific responses of ventral tenia tecta neurons.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Osako, Y., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “Subthreshold decision-making in a visual cue detection task in rats.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月7日.
  • 大平充宣。抗重力筋活動レベルが筋の発育・発達、萎縮、肥大に及ぼす調節機構。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3、p. 35, 2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 大平宇志、井野洋子、中井佑介、森田啓之、河野史倫、後藤勝正、大平充宣、木村弥生、平野久。マウスのヒラメ筋と長趾伸筋の重力変化に対する異なる応答メカニズムの検討。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3-1、p. 36、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 河野史倫、増澤諒、大沢育未、今野遼太朗、大平充宣。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3-3、p. 38、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 尾崎勇作、加藤久詞、杉山愛、井澤鉄也、大平充宣。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、OB-4、p. 58、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • Yamashita, T., H. Pedro, O. Quiroga, K. Nakamura, R. Fujimoto, R. Ito, S. Yokoyama, Y. Ohno, K. Ohashi, T. Sugiura, Y. Ohira, T. Yoshioka, and K. Goto. Expression of HSP70-specific nuclear transporter Hikeshi in C2C12 cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui., J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 352, 2018.
  • Kato, H., K. Imai, S. Osawa, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Effects of high-fat diet and exercise training on differentiation potential of adipose-derived stem cells into neuron-like cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui, J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 419, 2018.
  • Izawa, T., H. Kato, S. Osawa, K. Imai, H. Takakura, and Y. Ohira. Effects of exercise training and high-fat diet on the metabolic properties in adipose tissue-derived stem cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui, J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 419, 2018.
  • Lamassoure, L., K. Araki, A. Ito, K. Kamibayashi, Y. Ohira, and N. Tsujiuchi. Estimation of gait characteristics during walking in lower gravity environment using a wearable device. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 114, 2018.
  • Goto, K., A. Apostolopoulus, A. Nakamura, and Y. Ohira. Nuclear accumulation of HSP70 protein in mouse skeletal muscles in response to reloading following unloading. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 246, 2018.
  • Kato, H., Y. Ohira, and T. Izawa. Effect of endurance exercise training on neurogenesis of adipose-derived stem cells, isolated from fat-deposit in Wistar rats. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 267, 2018.
  • Kamibayashi K, Nishiyama S, Araki K, Tsujiuchi N, Ohira Y. Effect of body weight unloading on muscle activity and kinematics during walking. 23nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018.7.7, Dublin, Ireland.
  • Fukuda S, Ueda A, Nakamura Y, Kamibayashi K, Wakahara T. Knee extension torque is a significant determinant of jump height of layup shot in basketball. 23nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018.7.7, Dublin, Ireland.
  • 加藤久詞,有尾拓土,高倉久志,大平充宣,井澤鉄也.「Homeoboxc10は褐色脂肪組織における運動トレーニング適応に関与する.」第26回日本運動生理学会大会.大阪体育大学(大阪).2018年7月28-29日.
  • 加藤久詞,今井一貴,大澤晴太,高倉久志,大平充宣,井澤鉄也.「脂肪由来間葉系幹細胞の神経様細胞への分化能に及ぼす高脂肪食摂取および運動トレーニングの影響」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 井澤鉄也,加藤久詞,大澤晴太,今井一貴,高倉久志,大平充宣.「代謝プロファイル運動トレーニングならびに高脂肪食摂取が脂肪組織由来幹細胞(ADSC)の代謝プロファイルに及ぼす影響」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 稗田睦子,高倉久志,加藤久詞,井澤鉄也.「トレーニングの回数はeNOS発現に影響するか?」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 上林清孝,身体運動によって生じる脳での変化,第6回同志社大学「新ビジネス」 フォーラム,2019.3.4,東京
  • 上林清孝,運動と脳との関係,ウエルネスセミナー,2019.2.23,芦屋

追加報告分
■論文
  • Ohno, Y., A. Oyama, H. Kaneko, T. Egawa, S. Yokoyama, T. Sugiura, Y. Ohira, T. Yoshioka, and K. Goto. Lactate increases myotube diameter via activation of MEK/ERK pathway in C2C12 cells. Acta Physiol. (Oxf.). 2018. doi: 10.1111/apha.13042. [Epub ahead of print]

■学会発表・講演
  • Sakaguchi, Y., Sakurai, Y. (2019) Deep brain stimulation for depression in rats: correction of left/right hemispheric imbalance. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2019年3月30日.
  • Takamiya, S., Yuki, S., Hirokawa, J., and Sakurai, Y. (2019) Dynamics of cell assemblies in hippocampus during memory consolidation and recall. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2019年3月29日.
  • Higashiyama, T., Karube, F., Hirai, Y., Kobayashi, K. and Fujiyama, F. (2019) Inhibitory local connection of parvalbumin-expressing neurons in the rat globus pallidus. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2019年3月29日.
  • 苅部冬紀・小林憲太・高橋晋・藤山文乃(2019)ラット大脳皮質運動野と前頭前野から大脳基底核への投射と基底核内の小領域・細胞種との関係.第124回日本解剖学会, 朱鷺メッセ(新潟県・新潟市), 2019年3月27日.
  • 緒方久実子・苅部冬紀・平井康治・藤山文乃(2019)齧歯類の尾側線条体におけるドーパミン受容体D1及びD2の分離発現領域.第124回日本解剖学会, 朱鷺メッセ(新潟県・新潟市), 2019年3月27日.
  • 藤山文乃・苅部冬紀・(2019)新しい大脳基底核回路の形態学的及び電気生理学的解析.第124回日本解剖学会, 朱鷺メッセ(新潟県・新潟市), 2019年3月27日.
  • 大平充宣。骨格筋・脳特性の維持・更新における機械的刺激および感覚神経活動の重要性。スポーツ工学・ヒューマンダイナミックス2018、日本機械学会、京都府民総合交流プラザ京都テルサ、2018年11月22日。
  • Ohira, Y. Adaptation of morphological and/or functional properties of skeletal muscle to anti-gravitational activity. University of Taipei. March 19, 2019.