こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 宇宙生体医工学研究プロジェクトホーム
  2.  > 研究活動

研究活動

今後、研究活動についてのご紹介を予定しています。

各年度の進捗状況

研究成果

2018年度
■論文
  • 西山智士,辻内伸好,伊藤彰人,足立渡(テック技販),纐纈俊昭(テック技販),禰占哲郎(ケアリング) 「装着型運動計測装置を用いた痙性不全麻痺歩行特性の定量評価」 [同志社大学ハリス理化学研究報告, 59巻 1号, pp.13-24 (2018)]
  • 松本賢太,辻内伸好,伊藤彰人,大島裕子,植田勝彦(住友ゴム工業),岡崎弘祐(住友ゴム工業) 「クラブ設計を目的とした特異値分解によるゴルフスイングの動作分析」[設計工学, Vol.53, No.6 [DOI:10.14953/jjsde.2017.2761], pp.447-462 (2018)]
  • K.Kitano, A.Ito and N.Tsujiuchi “Modeling of Hand and Forearm Link using Inertial Sensors”40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society, (2018) , pp.3934~3937
  • Yamada, M. and Sakurai, Y.(2018) “An observational learning task using Barnes maze in rats” Cognitive Neurodynamics, 1-5.
  • Osako, Y., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “Subjective decision threshold for accurate visual detection performance in rats.” Scientific Reports, 8(article9357), 1-10.
  • Sakurai, Y., Osako, Y., Tanisumi, Y., Ishihara, E., Hirokawa, J. and Manabe, H. (2018) “Multiple approaches to the investigation of cell assembly in memory research-present and future” Frontiers in Systems Neuroscience, 12(article21),1-11.
  • Kato, H.*, S. Masuda*, T. Ohira, L. Ohira, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Differential responses of adipose tissue gene and protein expressions to 4- and 8-week administration of β-guanidinopropionic acid in mice. Physiological Reports 6 (2): e13616, 2018. *: Equally contributed authors.
  • Kato, H., H. Minamizato, H. Ohno, Y. Ohira, and T. Izawa. Exercise ameliorates high-fat diet-induced impairment of differentiation of adipose-derived stem cells into neuron-like cells in rats. J. Cell. Physiol. 234 (2): 1452-1460, 2018.
  • Kato, H., T. Shibahara, N. Rahman, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Effect of a 9-week exercise training regimen on expression of developmental genes related to growth-dependent fat expansion in juvenile rats. Physiological Reports 6 (19): e13880, 2018.
  • Takahashi, A., S. Wakihata, L. Ma, T. Adachi, H. Hirose, Y. Yoshida, and Y. Ohira. Temporary loading prevents cancer progression and immune organ atrophy induced by hind-limb unloading in mice. Int’l. J. Molcul. Sci. 19(12): 3959; https://doi.org/10.3390/ijms19123959, 2018.
  • Ohira, Y., K. Saito, F. Kawano, K. Shiokawa, Tak Ohira, Y. Nakajima, Tomo Ohira, and N. Inoue. Endurance work capacity of children is related to cardiac function, but the trainability is associated with angiotensin-converting enzyme genotype. Sci. J. Sp. Med. Rehabil. Res. 1 (1): 2018100003, 2018.
  • Lamassoure, L., K. Araki, A. Ito, K. Kamibayashi, Y. Ohira, and N. Tsujiuchi. Estimation of gait characteristics during walking in lower gravity environment using a wearable device. Frontiers, in press.

■著書
  • 櫻井芳雄(2018) 第12章 医療と良心.同志社大学良心学研究センター(編) 良心学入門.岩波書店(東京),pp.123-131.
  • Sakurai, Y., Ohnuki, T., Shiroshita, R., Sakaguchi, Y., Shiotani, K., and Chi Jung Lee.(2018) “Multipotentiality of the brain to be revisited repeatedly.” The physics of the mind and brain disorders. Springer, pp.513-525.
  • 櫻井芳雄(2018)広辞苑 第7版, 岩波書店(東京)(38項目執筆).
  • 高橋昭久、吉田由香里、脇畑庄人、大平充宣。特集「地上生命の秘密を探る宇宙医学」、宇宙放射線と無重力の複合影響。月刊「細胞」 ニューロサイエンス社50 (12): pp. 640 (30) - 643 (33)、2018。

■査読付講演会議事録
  • K.Kitano, A.Ito, and N.Tsujiuchi, “Modeling of Hand and Forearm Link using Inertial Sensors”40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society, pp.3934-3937 (2018)]

■学会発表・講演
  • 伊藤彰人,辻内伸好,志野安樹,於本裕之介「腱駆動技巧ロボットハンドを用いた物体把持制御システムの構築」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 辻内伸好,伊藤彰人,久本佳樹「主成分分析を用いた筋電義手の指動作識別に対する特徴量の最適化」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 伊藤彰人,辻内伸好,堀尾健児,北野敬祐「慣性センサを用いたリアルタイム運動計測システムの構築とロボット教示システムへの適用」[日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (2018, 6)]
  • 村井大海,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,村上健太(パナソニック),岡田征剛(パナソニック),井上剛(パナソニック),遠藤維(産業技術総合研究所),今村由芽子(産業技術総合研究所),小澤順(産業技術総合研究所)「ワイヤ型アシストスーツのトレッドミル歩行における力学的影響評価」[2018年度人工知能学会全国大会(第32回) (2018, 6)]
  • K.Araki, N.Tsujiuchi, A.Ito, Y.Ohira, and K.Kamibayashi “Analysis of Gait Characteristics with Various Levels of Weight Bearing Using Wearable Motion Measurement Device”[40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (2018, 7)]
  • 村井大海,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,村上健太(パナソニック),岡田征剛(パナソニック),井上剛(パナソニック),遠藤維(産業技術総合研究所),今村由芽子(産業技術総合研究所),小澤順(産業技術総合研究所)「ワイヤ型歩行アシストスーツが下肢関節トルクと歩容に与える影響」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2018 (2018, 8)]
  • 荒木啓輔,辻内伸好,伊藤彰人,大平充宣,上林清孝「反重力トレッドミルを用いた微小重力環境下の歩行特性解析」[日本機械学会Dynamics and Design Conference 2018 (2018, 8)]
  • 北野敬祐,伊藤彰人,辻内伸好「慣性センサを用いた前腕および手指リンクのモデル化および補正法の提案」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 仲道泰洋,伊藤彰人,辻内伸好,廣瀬圭(テック技販),園部元康(高知工科大学)「重心フィードバック搭載型重心動揺計における動作計測・評価に関する研究」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 山本文弥,辻内伸好,伊藤彰人,北野敬祐,廣瀬圭(テック技販)「走行路面に目標負荷を掛けた負荷制御型トレッドミルを用いた歩容解析」[LIFE2018 日本機械学会福祉工学シンポジウム2018 (2018, 9)]
  • 仲道泰洋,近藤亜希子(テック技販),廣瀬圭(テック技販),園部元康(高知工科大学),辻内伸好「重心フィードバック搭載型重心動揺計による効果の力学的検討に関する研究」[日本機械学会2018年度年次大会 (2018, 9)]
  • 大貫朋哉・櫻井芳雄・廣川純也(2018) “Representation of goal-related spatial information across different behavioral contexts in rat perirhinal cortex. ” The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi, 一橋講堂(東京都・千代田区), 2018年2月21日.
  • 谷隅勇太・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2018), “ “All-Go” Behavioral State with Resetting Associative Neural Activity in Ventral Striatum during Reversal Learning” The first international symposium for frontend brain science: University of Yamanashi, 一橋講堂(東京都・千代田区), 2018年2月21日.
  • 阪口幸駿 (2018) 「ラット脳における機能的左右半球差の意義解明とその応用」 第7回東北脳科学ウィンタースクール, 中山平温泉仙庄館(宮城県・大崎市), 2018年2月24, 25日.
  • 山田基樹・櫻井芳雄(2018)「バーンズ迷路を用いたラットの他個体観察学習課題」 日本行動科学学会, 八幡平マウンテンホテル(岩手県・八幡平市), 2018年3月9日.
  • Sakaguchi, Y., Sakurai, Y.,(2018) “Functional left/right hemispheric difference of dopamine D2 neurons in rat dorsolateral striatum.” The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 京都国際会館(京都府・京都市), 2018年7月5日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018) 「習慣形成時におけるラット背外側線条体D2細胞の機能的半球側性化」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月26日.
  • 村田航志・木下智貴・小林憲太・眞部寛之・深澤有吾・山口正洋(2018)「マウス嗅結節の光刺激が場所嗜好性試験に与える影響」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 塩谷和基・廣川純也・櫻井芳雄 ・眞部寛之(2018)「マウスを用いた風味評価行動課題の確立」第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 谷隅勇太・廣川純也・櫻井芳雄・眞部寛之(2018) 「Go/No-go 逆転学習中に現れる "All-Go" 行動戦略 - 戦略シフトに伴う腹側線条体ニューロン活動パターンのリセット・更新 -」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 大貫朋哉・櫻井芳雄・廣川純也(2018) 「ラットの嗅周皮質による異なる行動的文脈での空間的ターゲットのコーディング」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • 大迫優真・櫻井芳雄・廣川純也(2018) 「ラットの視覚検出課題における閾下意思決定」 第41回日本神経科学大会, 神戸コンベンションセンター(兵庫県・神戸市), 2018年7月27日.
  • Yuki, S., Sakurai, Y., and Okanoya, K.(2018)“Metacognitive and non-metacognitive behavior adaptation in rats after degenerated task performance.” 第78回日本動物心理学会, 東広島芸術文化ホール くらら(広島県・東広島市), 2018年8月29日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018) 「ラット海馬の長期/短期記憶に関わる機能的左右半球非対称性」 日本心理学会第82回大会, 仙台国際センター ( 宮城県・仙台市 ), 2018年9月26日.
  • 阪口幸駿・櫻井芳雄(2018)「 記憶形式に依存したラット背側海馬の機能的左右半球非対称性」第27回海馬と高次脳機能学会, 東京医科大学新宿キャンパス (東京都・新宿区), 2018年9月29日.
  • Sakaguchi, Y. and Sakurai, Y. (2018) “Functional left/right asymmetry of rat hippocampus depending on short/long-term memory.”48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月5日.
  • Ohnuki, T., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “A dynamic neural mechanism for encoding spatial targets and behavioral contexts in rat perirhinal cortex.”48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Tanisumi, Y., Sakurai, Y., Hirokawa, J. and Manabe, H. (2018) “All-go behavioral state with resetting cue-outcome associations in ventral striatum during reversal learning.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Shiotani, K., Murata, K., Hirokawa, J., Mori, K., Sakurai, Y. and Manabe, H. (2018) “Behavioral state-specific responses of ventral tenia tecta neurons.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月6日.
  • Osako, Y., Sakurai, Y. and Hirokawa, J. (2018) “Subthreshold decision-making in a visual cue detection task in rats.” 48th Society for Neuroscience Annual Meeting, San Diego(米国), 2018年11月7日.
  • 大平充宣。抗重力筋活動レベルが筋の発育・発達、萎縮、肥大に及ぼす調節機構。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3、p. 35, 2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 大平宇志、井野洋子、中井佑介、森田啓之、河野史倫、後藤勝正、大平充宣、木村弥生、平野久。マウスのヒラメ筋と長趾伸筋の重力変化に対する異なる応答メカニズムの検討。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3-1、p. 36、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 河野史倫、増澤諒、大沢育未、今野遼太朗、大平充宣。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、シンポジウム S3-3、p. 38、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • 尾崎勇作、加藤久詞、杉山愛、井澤鉄也、大平充宣。第64回日本宇宙航空環境医学会大会抄録集、OB-4、p. 58、2018年11月24日、順天堂大学さくらキャンパス、2018。
  • Yamashita, T., H. Pedro, O. Quiroga, K. Nakamura, R. Fujimoto, R. Ito, S. Yokoyama, Y. Ohno, K. Ohashi, T. Sugiura, Y. Ohira, T. Yoshioka, and K. Goto. Expression of HSP70-specific nuclear transporter Hikeshi in C2C12 cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui., J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 352, 2018.
  • Kato, H., K. Imai, S. Osawa, H. Takakura, Y. Ohira, and T. Izawa. Effects of high-fat diet and exercise training on differentiation potential of adipose-derived stem cells into neuron-like cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui, J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 419, 2018.
  • Izawa, T., H. Kato, S. Osawa, K. Imai, H. Takakura, and Y. Ohira. Effects of exercise training and high-fat diet on the metabolic properties in adipose tissue-derived stem cells. The 73rd Jap. Soc. Phys. Fit. Sports Med., Sept. 7-9, 2018, Fukui, J. Phys. Fit. Sports Med. 7 (6): 419, 2018.
  • Lamassoure, L., K. Araki, A. Ito, K. Kamibayashi, Y. Ohira, and N. Tsujiuchi. Estimation of gait characteristics during walking in lower gravity environment using a wearable device. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 114, 2018.
  • Goto, K., A. Apostolopoulus, A. Nakamura, and Y. Ohira. Nuclear accumulation of HSP70 protein in mouse skeletal muscles in response to reloading following unloading. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 246, 2018.
  • Kato, H., Y. Ohira, and T. Izawa. Effect of endurance exercise training on neurogenesis of adipose-derived stem cells, isolated from fat-deposit in Wistar rats. 39th Annual Meeting of the International Society for Gravitational Physiology (ISGP) & ESA Space meets Health initiative, June 18-22, ESA-ESTEC, Noordwijk, The Netherlands, Program & Abstract Book, pp. 267, 2018.
  • Kamibayashi K, Nishiyama S, Araki K, Tsujiuchi N, Ohira Y. Effect of body weight unloading on muscle activity and kinematics during walking. 23nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018.7.7, Dublin, Ireland.
  • Fukuda S, Ueda A, Nakamura Y, Kamibayashi K, Wakahara T. Knee extension torque is a significant determinant of jump height of layup shot in basketball. 23nd Annual Congress of European College of Sport Science, 2018.7.7, Dublin, Ireland.
  • 加藤久詞,有尾拓土,高倉久志,大平充宣,井澤鉄也.「Homeoboxc10は褐色脂肪組織における運動トレーニング適応に関与する.」第26回日本運動生理学会大会.大阪体育大学(大阪).2018年7月28-29日.
  • 加藤久詞,今井一貴,大澤晴太,高倉久志,大平充宣,井澤鉄也.「脂肪由来間葉系幹細胞の神経様細胞への分化能に及ぼす高脂肪食摂取および運動トレーニングの影響」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 井澤鉄也,加藤久詞,大澤晴太,今井一貴,高倉久志,大平充宣.「代謝プロファイル運動トレーニングならびに高脂肪食摂取が脂肪組織由来幹細胞(ADSC)の代謝プロファイルに及ぼす影響」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 稗田睦子,高倉久志,加藤久詞,井澤鉄也.「トレーニングの回数はeNOS発現に影響するか?」第73回日本体力医学会大会.AOSSA/ハピリン(福井).2018年9月7-9日.
  • 上林清孝,身体運動によって生じる脳での変化,第6回同志社大学「新ビジネス」 フォーラム,2019.3.4,東京
  • 上林清孝,運動と脳との関係,ウエルネスセミナー,2019.2.23,芦屋
2019年度
順次掲載予定
.